まんもす太郎のどうでもいい話

まんもす太郎のどうでもいい話

30代会社員が、ラスベガス旅行への妄想と無駄な考察を綴ったブログ

【2018年GW ラスベガス旅行(14)】4日目:Pinks Hot Dogsでブランチ、周辺を待ちブラ!・・・あれ私、鬱?!

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行4日目。Mandalay Bayを離れ、2つ目にお世話になるホテル、Cosmopolitanコスモポリタン)にチェックインした私たち。

時間は11時過ぎ、朝から何も食べていないため腹ペコです。

ということで今回は、『Pinks Hot Dogs』でのブランチと、フォーコーナー周辺の待ちブラの模様をお届けいたします。

f:id:mammoth-taro:20180513175834j:plain
コスモポリタンの2階からストリップの大通りを挟んで向かいのPH(プラネットハリウッド)には、このように歩道橋が付いています。ガラス張りのため、ストリップが歩道橋の上から見渡せ、非常に気持ちがいいです。晴れていれば。。。

この日は終日曇天で、道行く人も少なめです。

f:id:mammoth-taro:20180513175856j:plain
歩道橋を渡った先にあるのが、PH、そして隣接するMiracle Mile Shops(ミラクルマイルショップス)。赤地に白文字で『M』と書かれたところがその入り口です。

腹ペコの私たちが今回最初に向かったのが、その横の丸く囲いのあるところです。こちらが『Pinks Hot Dogs』です。 

アメリカと言えばジャンクフードが定番ですが、ハンバーガーは在り来たりで美味しいのは食べたことがあるため、『美味しいホットドッグ』を求めてやってまいりました。

このお店、ホットドッグだけでも結構いっぱいメニューがあります。

f:id:mammoth-taro:20180515212541j:plain
Classic Dog(クラシックドッグ)と言われる、スタンダード系のホットドッグから、

f:id:mammoth-taro:20180515212735j:plain
Pink's Specialties(当店スペシャル)と呼ばれる、趣向を凝らしたオリジナルメニューまで豊富にあります。

そんな中で、今回私たちが悩んだ末選んだのが、こちら。

f:id:mammoth-taro:20180513180044j:plainクラシックドッグの中から、Bacon Chili Cheese Dog!
お腹は減っていたのですが、敢えて1つを2人でシェアしました。
間違いない外観です。早速食べてみましょう。


うん、美味しいです。ウインナーはジューシーで、ベーコンは香ばしくて、チリソースも食欲をそそるスパイシーさです。昼間からビールが飲みたくなります。


・・・ただ。本当にすみませんが、どうしてもラスベガス(あるいはアメリカ)でなければ食べられないかと言われると、違う気がします。

あくまで個人的な感想です。パンが今一つな気がしました。

上に載っている食材、どう見てもがっつり系ですよね?・・・にしては、パンが若干ふにゃふにゃしてるんです。そのため、全体的にもっさりした印象。。。もっとカリッ、フワッ、なのを期待していたので、ちょっと残念でした。


お会計は、飲み物を入れて2人で$14くらいです。


気を取り直して、午後からはストリップを散策。
まずは近場の『Miracle Miles Shops』というショッピングモールを一周してみました。

f:id:mammoth-taro:20180515214710j:plain
モールの中は天井が高く広々しています。
特徴的なのはこの天井。天候に関係なく、いつ行っても夕暮れ前の、ちょっと日が陰りかけた感じなのです。時間の感覚がなくなりますね。

この後、一旦ホテルに戻って休憩することにしました。


お部屋に戻って、とりあえずベランダに出てみた私たち。
旅行前に下調べをして、非常に楽しみにしていた、Cosmopolitanのファウンテンビューからの眺めが、こちらです。

f:id:mammoth-taro:20180515215702j:plain・・・うーん。。。
いや、噴水はすばらしいんですけど、天気悪すぎでしょ!!
あぁぁーーー(怒)

・・・実はこの前日からだったのですが、私は一人で、非常にもやもやしていました。

1.渡米前にあれだけ楽しみにしていたショー、『Michael Jackson : One(マイケルジャクソンワン)』を楽しめなかった(前回の記事はこちら
2.天気が悪い
3.カジノで負け続けている

そして何より、旅行の最中にこんな気持ちになってしまっている自分が許せませんでした。こんなはずじゃなかったのに。。。


思いました。あれ、ひょっとして私、鬱???


同時に、原因も何となく察しがついていました。睡眠サプリのせいではないかと。
私は普段、そういったものには殆ど頼っていないのですが、ラスベガスに来てから、時差ぼけ解消にと毎晩服用しておりました。

アメリカでは一般的な『メラトニン』というサプリです。メラトニンは、体内で自然に分泌されるホルモンの一種で、身体を睡眠に向かわせる効果があります。副作用は確認されていないとも聞いていましたし、アメリカではドラッグストアで簡単に入手できる代物です。私は渡米前にネットで3㎜配合のカプセル剤を購入、気軽に服用してました。

このメラトニン、私には全くあってませんでした。あくまで個人の感想として読んで頂きたいのですが、これを飲んだからといって時差ぼけは解消されないばかりか、だんだん日中に頭がボーっとする症状が出始め、この日はとうとう、目の焦点が定まらないような状態になってました。やはり、慣れないことはするものではありません。


この日の晩は、『Joe's Seafood』でディナー、その後は『Ka(カー)』鑑賞の予定でしたが、テンションは下降の一途を辿っておりました。


そこで妻に事情を説明。観光に繰り出す前に何とか気分を盛り上げようと、気分転換に同ホテルのバフェ(食べ放題のレストラン)、『Wicked Spoon』に見学に行くことにしました。私たちの部屋からはエレベーター降りてすぐのところでしたし、美味しそうな食べ物をみれば憂鬱な気分も吹き飛ぶかも。

因みにこちら、お金を払わなくても見学だけできるって、皆さんご存知でしたか?
受付で「中見せてもらっていい?」と言えば、すんなり通してもらえます。


Wicked Spoon、見ているだけでめっちゃ楽しいです!
この日行く予定だった『Joe's Seafood』は予約までしていたのですが、料理の数々を見ていたら急に気が変わり、今晩はWicked Spoonでのんびりしたくなりました。私の気分で振り回して申し訳なかったのですが、妻もあっさり同意してくれました。Joe'sはその場で『Open Table』のアプリからキャンセル。今度は絶対行きたいです。


とは言え、夜ごはんの時間にしては早すぎます。
やはりちょっとブラブラするか、ということで、明日遊びに行く予定だった『Linq』の方に行ってみることにしました。

f:id:mammoth-taro:20180516232610j:plain
・・・人が少ない。。。天気が悪いですし、今日はストリップに人がいない印象です。パラパラと小雨も振りだしました。。。
明日お邪魔する予定の『Yard House』の場所を確認し、途中ポップなバスボム&化粧品屋さんで買物をして、さっさと退散しました。


そんな感じで、私の気分が冴えないおかげで、何となくパッとしない街ブラになってしまいましたが、気を取り直して次回は『Wicked Spoon』の食レポをお届けいたします。実は先ほどの見学タイム、お客さんが殆どおらず、写真撮り放題の状況。比較的写真多めでお届けできそうです。

ではまた。

 

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2018年GW ラスベガス旅行(13)】4日目:Cosmopolitan(コスモポリタン)のお部屋を大公開

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行4日目。Mandalay Bayを離れ、2つ目にお世話になるホテル、Cosmopolitanコスモポリタン)にチェックインした私たち。

今回はそんなCosmopolitanのお部屋の様子をレポートしたいと思います。

f:id:mammoth-taro:20180513174944j:plain
はい、天気悪いですね(笑)
こちらがCosmopolitanです。私たちの命名した愛称は『ポリタン』。

今回私たちが宿泊したお部屋は、Terrace Studio Fountain View(テラスステューディオ・ファウンテンビュー)という、テラス付きのお部屋です。ファウンテンビューということで、テラスからはベラージオの噴水ショーを眺めることができます。

自殺を防止するため、という噂が本当かどうかはわかりませんが、ラスベガスのホテルは窓も開かない仕様になっているのが一般的のため、こちらのお部屋は大変貴重です。

詳しいお部屋の間取りは、楽天トラベルの説明がわかりやすかったです。
Cosmopolitan お部屋タイプのご紹介


それでは早速、部屋の中を見ていきましょう。

f:id:mammoth-taro:20180513175212j:plain
いきなりシンクからです(笑)
こちらもダブルシンクで使い勝手バツグン!清潔感もあります。
鏡に映ってますが、向かいが浴槽、その奥が(ブラインドを挟んで)リビングという造りになっています。

f:id:mammoth-taro:20180513175236j:plain
こちらはシャワー。左手に見える台に腰かけて髪を洗うことができます。
中は広くて非常に快適。

f:id:mammoth-taro:20180513175344j:plain
こちらはバスタブです。
何とこちら、ジャグジー仕様になっております。よく見ると底の方に穴が空いているのがお分かり頂けますでしょうか。今タオルが掛かっているところの内側にスイッチがあり、そちらでジャグジーのON/OFFが出来るようになっています。

街ブラ中に調達したバスボムや、バスクリームを入れて毎晩楽しみました。
バブルバスの入浴剤を入れてジャグジーをONにすると、泡がとんでもないことになります。楽しすぎです。

f:id:mammoth-taro:20180513175409j:plain
トイレは、この写真ではわかりにくいですが、めちゃんこ広いです。
ちょっとスペースもったいない。。。

因みにこちらの壁紙、何の変哲もない模様に見えますが、よく目を凝らしてみると女性が浮き出てきます。この写真では分からないと思いますので、気になる方は現地で確認してみてください。

f:id:mammoth-taro:20180513175437j:plain
続いてはリビングです。この雰囲気、めっちゃ良くないですが?
私たち夫婦は、お夜食をここでゆっくり楽しみました。ソファーがふかふかで落ち着くんですよ。

f:id:mammoth-taro:20180513175458j:plain
ソファーと反対側の壁側には、小さいシンク、冷蔵庫、上に見えるのは電子レンジです。こちら、元々はマンションにするために建てた建物のため、ちょっとだけ生活感のある仕様になってます。

結局、電子レンジは一回も使わなかったなぁ。

f:id:mammoth-taro:20180513175123j:plain
こちらはベットです。
柔らかすぎず、硬すぎずで、私にはちょうどよかったです。

f:id:mammoth-taro:20180513175538j:plain
クローゼットはちょっと変わった見た目です。
ホテルにしては十分かもしれませんが、前に泊まったMandalay Bay(マンダレイベイ)の収納が素晴らしかったため、ちょっと見劣りします。私は持ってきた衣服を極力スーツケースから出しておきたいので、ハンガーの数もこの倍は欲しいところ。

f:id:mammoth-taro:20180513175632j:plainこちらが噂の、『ファウンテンビュー』。チェックインの時はあいにくの天気だったため、晴れた日に撮影しました。自分は1ミリも成長してませんが、成功者になった気分が味わえます。私は毎晩、このベランダで晩酌しました。


Cosmopolitanは立地的にも最高でした。フォーコーナーエリアですし、向かいのプラネットハリウッド周辺にはドラッグストアやファーストフードがあるため、非常に快適に過ごせます。上の写真の噴水ショーを真ん前から観たいと思えば、部屋から降りてちょっと歩けば行けます(ベラージオから行くより近いと思います)。このホテルはおすすめですよ!


次回は、お隣のホテル『プラネットハリウッド』にある『Pinks Hot Dogs』でのブランチと、街ブラの模様をお送りいたします。

ではまた。

 

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2018年GW ラスベガス旅行(12)】4日目:さらばMandalay Bay!よろしくCosmopolitan!!

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行。4日目は、これまでお世話になったホテル、Mandalay Bayをチェックアウトし、2つ目にお世話になるホテル、『Cosmopolitanコスモポリタン』に向かいます。


ご存知の方も多いかと思いますが、通常、ラスベガスではチェックインの際にデポジットをカードで支払うため、チェックアウト時にはその差額を清算するだけとなります。

大抵のホテルは『エクスプレスチェックアウト』といって、お部屋のテレビ画面等でチェックアウトを済ませる仕組みになっています。

が、今回私たちは、チェックアウトの列に並びました。なぜなら、3日目の記事では割愛しておりましたが、3日目に突然、カードキーが使えなくなったり、夕食を部屋付けに出来なかったりと、何やら不具合の匂いがプンプンしていたからです。

テレビ画面で明細をチェックするも、3日目の明細しか出てきません。
恐らく、3日目だけ『My Vegas』の特典で無料で泊まったことが災いしてます。チェックイン時に会計を別建てにしていたため、2日目までの宿泊データとの紐づけがうまく出来ていなかったものと思われます。

私たちは、レストランでの食事は全て部屋付けにしていたため、請求額に間違いがないかを念のため確かめる必要がありました。同ホテルの予約時についていた特典、『フードクレジット$75(MGM系列のレストランでの食事$75分)』がきちんと引かれているかも気になりました。

時間は朝の10時頃。私たちの前には数組並んでましたが、10~15分くらい待っただけで私たちの番となりました。


私はカウンターで事情を説明、直ぐに3日分の明細をプリントアウトしてもらいました。よかったです、請求額はちゃんと合ってましたし、フードクレジットの$75も引かれてました。


一安心したところで、Uber(配車アプリ)を使って次の宿泊先、Cosmopolitanまで移動です。$8.79でした。

f:id:mammoth-taro:20180513174850j:plain
こちらが、これから3日間お世話になる『Cosmopolitan』です!
・・・って、どんよりした天気。結局3~4日目はずっとこんな感じで曇り~雨だったんです。何だかちょっと、ラスベガスらしくないですよね。

こうしてホテルに到着した私たち。Uberの降り場からカウンターはすぐでした。
時刻は午前11時前後。早くチェックインすると追加でお金取られる?みたいなことを聞いていましたので、カウンターの動向を見守っておりました。
結構チェックインしている人がいそうだったので、思い切ってカウンターで聞いてみました。

「今チェックインすると、追加費用掛かります?」

答えはノー。
えっ、そうなの?じゃあさっさとチェックインして遊びに行きましょう!

受付の女性からは最初、52階のお部屋を勧められました。
その時、私の脳裏に浮かんだのは、同じCosmopolitanに泊まった方々のブログ。30階前後でも写真では結構高い印象を持ってたんです。

「52階はちょっと高すぎますね」といってパスすると、「じゃあ38階はどう?」とのオファー。うん、悪くないかもと思っていると、「33階もあるけどどうする?」とのお話。

私たち夫婦、ほぼ同時に「33階で!」って言ってました。


そうして33階のお部屋を確保した私たち。しかも時刻は11時をちょっと過ぎたくらい。
元々、15時くらいまでチェックイン出来ない想定で考えていたので、スムーズな展開に喜びました。

・・・ただ、後から街歩きに出かける段になって気づいたのですが、Cosmopolitanにはストリップに面したタワーと、離れたタワーがありまして、私たちの宿泊部屋は後者でした。本当は、街歩きに便利そうなストリップ側に泊まりたいと思っていたのですが、チェックイン時にリクエストするのをすっかり忘れてました。

それに気づいた時は若干テンション下がったのですが、私たちが宿泊したタワーは、ストリップからは遠い反面、Uber乗り場には近いので、Uber多用派の私たちにはむしろぴったりだったかもしれません。結果オーライです。


こんな感じでCosmopolitanへと移ってきた私たち。
次回は、Cosmopolitanのお部屋を詳しくご紹介させて頂きます。

ではまた。

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2018年GW ラスベガス旅行(11)】3日目:Michael Jackson : One(マイケルジャクソン・ワン)を鑑賞!

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行の3日目。ホテルMandalay Bayの『Border Grill』でメキシカンを堪能した後、いよいよ本日最後のイベント『Michael Jackson : One(マイケルジャクソン・ワン)』の鑑賞に向かいます。


シルク・ドゥ・ソレイユが手掛ける同ショーは、2013年に開幕して以来、ラスベガスを代表する人気ショーとして公演を続けています。マイケルの音楽に合わせて展開されるシルクのアクロバティックなショーということで、私個人的には、今回の旅で見るショーの中で、一番楽しみにしておりました。

f:id:mammoth-taro:20180513155934j:plain
会場の入り口には、写真のようなセキュリティーチェックがありました。乱射事件のあったホテルだから、ちょっとナーバスになっているんですかね。こんなの初めてです。

f:id:mammoth-taro:20180513160149j:plain
これがゲートをくぐった先の1階ホールです。飲み物やスナックが販売されています。
写真の中心に映るマイケルに扮した赤い服の女性は、多分有料ですが写真を撮ってくれます。特設ステージ、豪華な造りですよね。

f:id:mammoth-taro:20180513160437j:plain
会場にはこんな展示物もあり、気分が高まります。あー楽しみ!

f:id:mammoth-taro:20180513160525j:plain
私たちの席は2階の前から2番目。ということで、階段で移動です。

f:id:mammoth-taro:20180513160638j:plain
これが2階席から見たステージです。
ぼやけて見にくいのですが、ステージの両サイドが巨大なスクリーンになっておりまして、公演中は演目に合わせてこちらの映像も切り替わります。一帯が巨大なステージのようで、大迫力です。

開始10分前くらいから、キャストが会場を温めに掛かります。期待が高まります。
さあいよいよ開演!


・・・ということで、1時間30分のショーを鑑賞致しました。


あくまで個人の感想として聞いて頂きたいのですが、、、
私は正直、、、少しだけ期待外れでした。横にいた妻は感激して涙を流していたため、受け方には個人差があることは最初に強調しておきます。

私はマイケルの曲は大好きですし、普段から繰り返し聴いておりますので、演目で流れる曲は殆ど知ってました。ただ、曲から勝手に自分の中で想像していたほどの迫力は感じられなかった、というのが正直な感想です。

一言で言うと、平面的な気がしました。
もちろんダンスはキレッキレでしたし、アクロバットも最高にかっこよかったです。ただ、魅せ方に高さや奥行きが今一つ感じられず、プロジェクションマッピングに頼りすぎな気がしました。

あと、やっぱり一番かっこいいのはマイケルジャクソンと彼の歌なんです。シルクの演者が派手に動き回っていても、(大変失礼ですが)バックダンサーのように映ってしまい、淡々と演目が流れていった印象を受けました。

ただ、私の中でモヤモヤしているのが、時差で眠かったせいで、ショーの世界観に入りきれなかった可能性があることです。前日に飲んだ睡眠サプリが作用して、頭が正常に働いていなかったのかもしれません。もしそれが原因なら、非常にもったいないことをしました。。。

また2階席は、ショーの全体像は見やすいのですが、ダンスやアクロバティックを体感するという意味では少し物足りませんでした。前途の通り、妻はこのショーを大変気に入ったため、今後また鑑賞の機会があるなら、その際はもっと前の席で演者に集中して見てみたいと思いました。

・・・辛口に書いてしまいましたが、ショーのラストは非常に感動的であり、十分楽しませて頂きました!


ラスベガスに来て、早くも3日目が終了。早すぎます。
明日はいよいよ、3日間お世話になったMandalay Bay(マンダレイベイ)を離れ、2つ目のホテル、Cosmopolitanコスモポリタンへと移動します。

ではまた。

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2018年GW ラスベガス旅行(10)】3日目:Border Grillでメキシカンの魅力を知る!

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行の3日目。朝からLas Vegas North Premium Outlets(ラスベガスプレミアムアウトレット)で買い物三昧だった私たち。今日この後は、宿泊ホテルでのディナー&ショーを堪能する予定となっていました。

今回は、ホテルMandalay Bayにあるメキシカンレストラン、『Border Grill』の食レポをお届けしたいと思います。


こちらは2階建てのレストランでして、入り口は2階のカジノフロアです。
ただ私たち、前日にこのホテルのプールに行った際、プールからこのレストランが見えておりましたので、てっきりプール階(1階)がメインエントランスかと勘違いしておりました。

f:id:mammoth-taro:20180513101048j:plain
プールサイドを、入門ゲートから右に続くわき道にそって

f:id:mammoth-taro:20180513101238j:plain
どんどん進んでいきますと、

f:id:mammoth-taro:20180513101352j:plainこんな感じで1階の入り口(バースペース)に到着します。皆さんは、お食事をされる場合は2階から入ってくださいね。

f:id:mammoth-taro:20180513101650j:plain19時から予約をしていたのですが、1階には誰もおらず、「この店、大丈夫か?」と不安になっておりましたら、たまたまウェイターが通りかかり話しかけてくれました。

「ここはバースペースだから、食事するなら上ですよ」ということで案内していただきました。そりゃそうですよね、いくら何でも人いなさすぎです。。。

・・・で、その肝心の2階の様子を撮るのをすっかり忘れていたのですが、割とカジュアルな店内です(笑)もちろん席も8割以上お客さんで埋まってました。

着席と同時に、ウェイターがお通しを持ってきてくれました。

f:id:mammoth-taro:20180513102446j:plain
これがバカウマ!!チップスは軽くて塩気もちょうどいいし、3種類のサルサソースが本当に美味しかった。早くお酒欲しい!

ということで早速、飲み物を注文。

f:id:mammoth-taro:20180513102123j:plain
私はモヒートにしました。我慢できずにちょっと飲んじゃいました。

f:id:mammoth-taro:20180513102207j:plain
妻は、ブラッドオレンジレモネードを注文。これが大のお気に入りになったそうです。
飲めない妻にとっては、美味しいジュースを置いているお店はポイント高し。

喉の渇きも落ち着いたところで、注文していきます。
実はこちらも、来店前にリサーチ済みです。メイン料理をタコスにするか、大皿を頼んでトルティーヤで各自巻いて食べるスタイルにするか迷ったのですが、後者にしてみました。

・PLANTAIN EMPANADAS(バナナの包み揚げ) $9
・BORDER CEVICHE(ボーダー特製セビーチェ) $14
・YUCATAN PORK(ユカタン風豚肉の煮込み) $26
・HOMEMADE TORTILLAS(自家製トルティーヤ3枚) $1.5

最初はセビーチェ(魚介のマリネ)とメインの豚料理だけにしようと思っていたのですが、バナナの包み揚げがどうしても気になり、頼んでみることにしました。メキシコでは一般的な料理らしいのですが、どんなものが出てくるか楽しみです。


暫くお通しのチップスをつまみに、一日を振り返りながら談笑しておりますと、早速やってきたのはこちら。

f:id:mammoth-taro:20180513103646j:plainバナナの包み揚げです。
縦の長さは大体、缶コーヒー(ロングじゃない方)くらいでしょうか。それが4切れです。想像していたのより全然茶色いです。

f:id:mammoth-taro:20180513104058j:plain
中身はさらに想像と違いました(笑)
肝心のお味はというと、温かい甘さ控えめのバナナとブラックビーンズが合わさり、今まで食べたことがない感じでした。まずくはないですが、一度食べれば十分かな。

この、前菜を一品追加したことを後悔することになろうとは、この時全く想像しておりませんでした。

メインが来る前に、お酒の補充です。
折角メキシカンに来たので、テキーラをロックで飲んでみることにしました。となりの席のお兄さんが、ライム絞ってすごくおいしそうに飲んでまして、影響されました。
ウェイターにテキーラリストをもらいます。

f:id:mammoth-taro:20180513104622j:plain
各銘柄の価格が最大3種類書かれているかと思いますが、こちらは熟成期間によって分かれているそうで、左から『BLANCO→REPO→ANEJO』の順に、だんだん熟成期間が長くなり、強くしっかりしたお酒になっていくのだそう。

私はウェイターのお勧めに従い、HORNITOSを、一番軽いBLANCOで頂きました。
これが大正解!口の中がさっぱり爽やかになります。やっぱりメキシカンとの相性は最高です。


そうこうしているうちに、セビーチェとメインの豚が同時に到着しました。

f:id:mammoth-taro:20180513105624j:plain
まずはセビーチェからです。
バナナの皮を揚げて作ったとみられる器に、魚介のマリネ、その上にビートとアボカドが載っています。お皿を彩っているのは、マンゴーソースです。

あっさりだけどあと引く感じで、すごく美味しかったです。写真を見ると、マリネに刻んだ青菜が含まれているのが見えると思いますが、これはパクチー(コリアンダ)です。パクチーが苦手な方にはちょっときついかもしれませんが、タイ料理大好き、パクチー大好きの私たちには感涙ものの一皿でした。テキーラとも相性抜群です。

f:id:mammoth-taro:20180513110504j:plain


続いてはこちら、ユカタン風豚肉の煮込み(以下、ユカタンポーク)です。
・・・私たち、サーブされた瞬間、固まってしまいました。
注文間違えて2人前頼んじゃった?思わずウェーターに確認しましたが、「1人前ですよ」とにっこり。写真中央の豚、700~800gはあったんじゃないでしょうか。

因みに、左奥からワイルドライス、野菜のグリル、ワカモレ(アボカドサラダ)、右奥からバナナソテー、ブラックビーンズが付きます(ここにバナナあるなら前菜いらなかったかも)。

あと写真にないですが、トウモロコシのトルティーヤ(餃子の皮を一回り大きくしたくらいのクレープ状の皮)が元から付いており。私たちはこれに3枚、小麦のトルティーヤも追加しておりますので、ボリューム満点です。

これら色々な具材を、トルティーヤにいっぱい載せて頂きます。


う~ん、最高!!カタンポーク、めちゃくちゃお勧めです
お肉が柔らかくて、ほろほろです。独特の香辛料の味付けですが、日本人でも万人が美味しく食べられる癖のない味。食べだしたら止まりません。これは次回来ても頼みたいくらいです。


・・・ただ、ただですよ、頼みすぎました(笑)
バナナの包み揚げを興味本位で頼んでしまった自分が悔やまれます。
結局、セビーチェは完食するも、ユカタンポークは2割くらい残してしまいました。

私たち、昼は11時半に、ブリトーボール1つを分けて食べただけで、半日ショッピングで歩き回っていたので、当然腹ペコでした。皆さん、メインを頼まれる際は、(特に2人とか、少人数で注文される場合は)前菜は控えめに注文下さい。お酒飲まれる方なら、前菜無くてもいいくらいだと思います。


お会計は、チップ込みで$100くらい。ご馳走様でした。


ショーまではまだ時間があります。
カジノで遊んで時間をつぶすことにしました。


次回は、ラスベガスで今、O(オー)と並んで最も人気のあるショー『Michael Jackson : One(マイケルジャクソン・ワン)』鑑賞の模様をお届けいたします。

ではまた。

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2018年GW ラスベガス旅行(9)】3日目:North Premium Outletsで爆買い!CHIPOTLEランチに大満足!

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行。3日目は、朝から張り切って、Las Vegas North Premium Outlets(ラスベガスプレミアムアウトレット)に買い物に行きました。

ホテルからアウトレットまでの移動は、今回もUberを利用しました。アプリで配車してから3分以内に到着。お値段は$15.91とやっぱり格安です。まあ、バス(WAX)とか利用した方が安いかもしれませんが、利便性が違います。


ということで到着しました、North Premium Outlet!
早速サービスカウンターに行き、ラスベガス情報サイト「ラスベガス大全」でコピーしたチケットを見せ、無料でクーポンをゲットしました。

現在、9時半くらい。ここから11時半まで、各自自由行動としました。

f:id:mammoth-taro:20180512182124j:plain
ラスベガスにしては珍しく、この日は曇り空でした。まあ涼しくてよかったですけど。

私は買うもののあたりをつけるため、一通り気になったショップをうろうろしてみました。中でも、どうしても欲しかったのは、DIESELディーゼル)のジーンズ。日本で買うと、アウトレットでも2~3万しますが、こちらでは$110~150で売ってました。あれこれと試着をするうちに、あっという間に集合時間に。。。

手ぶらで集合場所に向かうと、既に数個のショッピングバックをぶら下げた妻が待っておりました。


私たち、朝から何も食べてませんので、ここらでブランチタイムです。
向かった先は『CHIPOTLE』、メキシカンのファーストフード店です。

f:id:mammoth-taro:20180512182725p:plain
こんなマークのお店です。他にはミラクルマイルスショップ内にもありました。

f:id:mammoth-taro:20180512183340p:plain
まずは、4種類のメニューから好きなタイプを選びます。

・BURRITO(ブリトー):お肉、野菜、お米をクレープ状の生地で巻いたもの
・BURRITO BOWL(ブリトーボール):上記を生地で巻かず、深皿に乗せたもの
・SALAD(サラダ):上記からお米を除いたもの
・TACOS(タコス):ミニサイズのクレープ状の生地で具材を挟んだもの

私たちは、ブリトーボールを1つ頼んでシェアすることにしました。

f:id:mammoth-taro:20180512184156p:plain
次に、メイン具材を選びます。選ぶ具材により価格も異なります。
私たちが選んだのは「STEAK」です。

f:id:mammoth-taro:20180512185003p:plain
続いて、中身の具を選びます。実際には、カウンターのディスプレーの具材を指さすだけでOKですので、注文は簡単です。
ライムライスはいる?と聞かれたので、もちろんYES!と答えました。
その他、野菜、豆等をディスプレーから適当に選びまして、最後に追加料金がかかりますが、Queso(チーズ)とGuacamole(ワカモレ=アボカドサラダ)をトッピングしました。

f:id:mammoth-taro:20180512185036p:plain
最後に、サイドメニューを選択します。
ポテト類もおいしそうだったのですが、ここではパス。22flozのドリンクを2つ注文しました。ドリンクバーのサーバーで自由にジュースを入れることができるやつです。

ブリトーボール($8.3+トッピング$3.5)とジュース2つ($2.1×2)で、税込で$17.3でした。

f:id:mammoth-taro:20180512201958j:plain
こちらがブリトーボールです。野菜が多くてヘルシーですが、お米も入っているので、結構ボリュームもあります。因みにお米はかなり芯を残して炊いており、触感はリゾットに近いです。タコライス的なものを想像していると、いい意味で期待を裏切られます。

f:id:mammoth-taro:20180512202136j:plain

野菜もシャキシャキです。お肉、サルサソース、ワカモレ、チーズ、ブラックビーンズ、ライムライスと、いろんな味を楽しめて、一皿でも満足度高いです。
深皿にいっぱい入ってますので、二人で食べて丁度くらいでした。ご馳走様でした。


お腹がいっぱいになった私たち、午後からも買い物に勤しみました。
ここで、North Premium Outletでの戦利品を紹介しておきましょう。

まずは妻のものから。

f:id:mammoth-taro:20180512202815j:plain
こちらはKate Spadeケイトスペード)の財布とカバンです。
財布は、定価$238→$83。カバンは$120(定価不明)でした。どちらも非常に上品で、気に入って使っております。

f:id:mammoth-taro:20180512203044j:plainこちらはMarc Jacobs(マークジェイコブズ)のカバン。$240でお買い上げ。写真が暗いですが、発色のいいストラップがアクセントになっています。

続いて私の戦利品。

f:id:mammoth-taro:20180512204302p:plain
DIESELディーゼル)のジーンズです。もっと奇抜なデザインもいっぱいありましたが、一番シンプルなやつにしました。シルエットが最高です。$120で購入。

やっぱり買い物は楽しいです。大満足でホテルに戻りました。


次は、宿泊ホテルのMandalay Bay内にあるメキシカンレストラン、Border Grill(ボーダーグリル)の食レポをお届けいたします。


ではまた。

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【2018年GW ラスベガス旅行(8)】2日目:ショー「Blue Man Group」鑑賞で大興奮!

2018年のゴールデンウィークに夫婦で行ったラスベガス旅行。2日目の夜は、ホテルLuxor内にあるステーキハウス、Tender Steak & Seafood(テンダーステーキアンドシーフード)のお肉を堪能した私たち。

この日の最後を締めくくるのは、人気ショー「Blue Man Group」鑑賞です!

Blue Man Groupは、1991年のニューヨーク公演を皮切りに世界中で公演が行われている人気のショー。日本でも2007年から2012年まで公演が行われ、私たち夫婦も2009年に六本木の特設シアターに見に行き、そのシュールな世界観に魅了されました。

今回は、本場アメリカのラスベガスで見てみることにしました。

f:id:mammoth-taro:20180512102704j:plain

f:id:mammoth-taro:20180512102832j:plain21時半からの公演でしたが、21時には結構長い列が出来ていました。座席は完全指定席ですが、皆さん開演が待ちきれないのでしょう。

私たちも列に並び、シアターに入ります。

f:id:mammoth-taro:20180512103125j:plain会場の中はこんな感じで、ブルーのライトでいい雰囲気です。場内は寒いのではないかと心配していたのですが、途中から上着を脱いで半そでになっても全く問題ありませんでした。

f:id:mammoth-taro:20180512103319j:plain私たちは、前から5列目の席でした。
3列目より前の人たちは、写真のようにポンチョが支給されます。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、塗料的なものが飛んでくる可能性があるためです。

結構ふくよかな方が、目の前でポンチョを着ようとしていて、内心「着れるのか?」とチラチラ観察していたところ、すんなり。よく見るとこのポンチョ、超ビックサイズでした。さすがアメリカ。

開演間近になると、殆ど席が埋まってました。そして、(ネタバレになるので言いませんが)開演前から早くも仕掛けありです。あーテンション上がる!!
いよいよ開演!!


・・・ということで、1時間40分、たっぷり楽しませて頂きました!

3人の青塗りの無表情な男たちが繰り広げるパフォーマンスは、カッコよくて、面白くて、あっという間に時間が過ぎました。バックの生バンドの演奏が最高にクールです。

途中の客いじりも秀逸。フューチャーされたのは日本人女性でしたが、この方のリアクションが非常にチャーミングで、この日一番笑いをとっていたんじゃないでしょうか。独特のシュールな笑いは健在です。

演目は六本木で見た時とそれほど大きくは変わっていませんが、さすがに10年近くたってますので、魅せ方は大きく進化していました。

正直、観客のテンションは本場のアメリカだからといって別段高いわけではありませんでしたが、大いに笑い、興奮して、大満足でLuxorを後にしました。


次回は3日目、Las vegas North Premium Outlet(ラスベガスノースプレミアムアウトレット)でのショッピングの模様をお届けいたします。

ではまた。

 

*********************************************
ブログランキングに参加しています
*********************************************
クリック頂けると嬉しいです。


旅行・観光ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村